ドル円への投資で成功者になりたい人は実需や投資家の思惑を考えるべき

   2021/12/21

ドル円を投資対象にする人は、実需について正確に分かっておくべきです。
実需が買い続けたり強く売ったりするせいで値を上げたり下げたりするのがドル円の特徴です。
テクニカルとは関係なく凄く勢いが出る時には実需の影響の可能性を考えておくといいでしょう。
また、米長期金利がドル円の動き方を決める要因になることも有名です。
どんな背景で値が戻ったり、トレンドが続いているのかを想像することは、強気に投資をするために欠かせないです。

午前に上がったことを確認してから午後にドル円を買うことは得策とは言えないです。なぜかというと、どんなに上がっていても利益確定の動きが原因で、だんだんと高値が更新されにくくなることがありがちだからです。

日米の金利差が縮小しそうという予測をする人が増えると、ドル売りの勢いが増すのがFXの基本です。
東京時間が前日のアメリカ市場の流れに沿って始まったとしても油断は禁物です。
利食いや実需の存在のせいで常に下がるリスクを意識したり、仲値の後にどうなるのかを予想する必要があります。下がっているドル円にロングを入れる投資家も多くいるから押し目買いを狙うのは悪くないです。日経平均株価が上げ渋ったせいでドル円の上値が重くなったりします。

現在はリスクオフだからショートにしておけばいいと考えている際でも気を抜かずに、持ち直して上がったら損切をすぐにすることを徹底しましょう。
どの水準までならドル円が予想外に動いても損切に耐えられるかを思案したり、移動平均線から離れすぎたら利益確定をするといったルール作りをすることが正解です。

詐欺のせいで利益があるのに返金されないといったトラブルを避けることができる方法が、法律違反をしない日本の業者を優先的に利用することです。
投資家に対して返金に関する詐欺をやらないことは当然なのですが、LINEユーザーに勧められたとしても怪しい業者には絶対に関わらないという強い意志を持って資金を守りましょう。

これから契約する予定の業者に不安があるのなら、友達にLINEで相談したり情報収集をすることが不可欠です。相談できる投資家と知り合いたいのならSNSを有効活用するべきです。FXの副業を長続きさせる秘訣はトレンドに忠実になることです。

もちろん上値追いがいつも成功するわけではなくて、高値掴みになる危険はあります。ただ、素人なのにトレンド逆らうと長期的には損だから現在推移している長期的なトレンドに従うのが最善です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket